TRXの10回目の車検、細々とメンテナンス


9月9日。
kuroki号の車検とメンテナンスを依頼するため、葛飾奥戸にあるモトスプリングへやって来た。
酒井店長、よろしくお願いします!

マシンを預けたあとは、奥戸から歩いて小岩へ。ついでに小岩の街中をブラブラ散策。


かつて小岩に住んでた時に、ちょくちょく通っていた喫茶店「木の実」がまだ健在だった。嬉しい。
ちなみに、若い頃の椎名誠さんも通っていたお店なのだ(「哀愁の町に霧が降るのだ」)。


小岩駅前にはいつの間にやら高層タワーマンションがニョキニョキと建っていた。時代の流れを感じる。



9月14日。
明日、苗場で開催されるYAMAHA Motorcycle Day 2018に参加するため、金曜の夜の会社帰りにkuroki号の引き取りに来たのだった。
TRX850のことを超良く知る酒井店長が、細々と気づいたところをちょこちょこメンテナンスしてもらい、グッド・コンディションなマシンに仕上がった。


なお今回は、ヘッドランプユニットを交換している。


ユニットの中が焼けているのがわかるだろうか。

TRX850の純正ヘッドランプユニットは、ハロゲンランプ前提の設計である。HIDの光量と熱量には耐えられず焼けてしまうらしい。
LEDは熱量が少ないため焼けることはないが、光が散ってしまうらしい。
なので今回は、H4のノーマルハロゲンバルブに戻すことにした。


なお、モトスプリングはTRXのエキスパートショップだ。trx850.jpメンバーの多くがこのショップにお世話になっている。
今や日本でもっともTRX850をメンテナンスしているショップと言っても過言ではあるまい。
詳細は「TRX再生計画」を参照されたい。


TRX850が生産終了になった2001年から18年経ったにも関わらず、店内には何台もTRX850が置いてあるし。


TRX850のフレームが無造作に立て掛けてあるし。いずれにしても、普通ではないショップだ。

作業詳細:
1. 2018/09/09
2. 2018/09/11
3. 2018/09/12


帰り道は夜間走行。蔵前橋通り→首都高C2→首都高5号→環八通りと走るが、まるでヘッドランプが消えてしまったのか!?と思うほど、ハロゲンの光量の少なさに衝撃を受けた。
LEDランプを真剣に探してみようかな…。

コメント