YAMAHA Motorcycle Day 2018

YAMAHA Motorcycle Day 2018というイベントが、新潟県苗場と兵庫県淡路の2会場で開催される。
昨年は単一車種に絞ったイベントだったが、今回はYAMAHA車全体のイベントになる。

苗場で開催されるので、trx850.jpのメンバーと新潟へ宿泊ツーリングに行ってみたいと考えた。
せっかくなので盛り上げようと思い、mixiのTRXコミュでもイベントを立てて、TRX850十数台で現地入りすることを企画したのだった。

苗場

6:30。昨日整備が完了したkuroki号に乗り、冷たく湿った空気の関越道を北上する。
この湿気がやがて雨粒になって落ちてくるのは時間の問題。出発時にレインスーツを着込み、雨の覚悟は済ませてある。

月夜野ICで関越道を降り、国道17号(奥利根ゆけむり街道)を登っていく。
高速の途中で降り出した雨は、ますます強さを増し、ライダーの体温と精神力を奪っていく。
ヘビーウェットの路面に神経を使いながら、じっくりとコーナーを抜けていく。


9:00。集合場所のローソン 群馬赤谷湖畔店に到着した。


これだけTRX850が揃うと、やはり圧巻だ。

参加メンバーがおおむね揃ったところで、挨拶と各自の自己紹介を始める。
そして、隊列走行の先導をkurokiが担当し、苗場へ向かうのだった。


11;00。無事に会場の苗場プリンスホテルに到着した。
TRX850が十数台連なって会場入りする姿を見たYAMAHAのスタッフは、驚きと笑顔で我々を迎えてくれた。


受付を済ませると、記念品の「バイクのり」をゲット。シャレが効いているよね。
そして円形の布製シートに、自分の車種を書き込んで、胸元あたりに貼り付ける。


イベント会場に入る。


せっかくなので、あちこちのブースを覗きに行こう!


あべまさんと一緒に記念撮影!

駐車場に戻り、マシンの近くで談笑していたところ、ヤマハ バイク ブログの中の人からインタビューを受けた。
「TRXの魅力は何?」と質問されたので、「身体を震わせるビート!」とkurokiが即答。
参加者の皆さんは、それぞれ違う意見があるようだったが、開催者の回答で確定してもらった。

一言でTRXの魅力を語るなら、これほど適したキーワードはない。そうkuroki自身は確信しているのだ。

そして、当日のレポートにも掲載されていた。
全体集合撮影もやってもらえたのもありがたい。

苗場で一旦解散し、trx850.jpメンバーは新潟の湯沢方面へ向かう。

舞子


13:00。国道17号沿いの中野屋に到着。
今日のランチは「へぎそば」とする!


kurokiは舞茸天ざるそばをオーダー。
そばのつなぎにフノリ(海藻)を使用している、つるりとした食感が特徴の蕎麦だ。kuroki的には十割蕎麦よりへぎそばが好み。
揚げたてサクサクの舞茸の天ぷらもたまらない。食べた瞬間に香ばしい香りがふわっと立ち上り、鼻孔の中を抜けていく。

しっかり食べて、確かな満足!


そしてランチの後は、魚沼スカイラインをひとっ走り。
県道76号を登り、大沢山トンネルの手前で魚沼スカイラインに入れる。

魚沼スカイラインは、1.5車線ぐらいのくねくね道が続く。
木々が生い茂っている中を走るため、見晴らしはあまり良くない。


とはいえ、木々が途切れるポイントは絶景である。スカイラインの面目躍如だ。


せっかくなのでTRXを並べて記念撮影をしよう、とする人を後ろから撮る図。


いつもの宿、飯士山荘に到着した。
下のホテルの大浴場で疲れを流した後は、宿に戻ってお外でBBQ。
たらふく食べて大満足なのでした。


翌日の9月16日。スッキリと晴れない朝となった。


やがて雨が降り出した。


「やっぱり自分のせいだよな」という表情を浮かべるIidaさんだった。


10:00。雨雲が通り過ぎたタイミングで、みんなで記念撮影をするのだ。
やっぱりTRX仲間が揃うのは楽しいよね。

さて、レインスーツを着込んで東京へ戻ろう。
塩沢石打ICから関越道に入ったら、流れ解散となった。


関越トンネルを抜けたら、そこは青空が広がる世界だった。
谷川岳PAに入って、さっさとレインスーツを脱いでしまう。
このまま東京へ戻るのはもったいないので。ちょっと温泉に寄ってみることにした。


法師温泉 長寿館に到着したら、goochさんとishijimaさんが先に到着していた。
この温泉は混浴の「法師乃湯」が有名な秘湯だ。一度ishijimaさんと来たことがあるのだが、雰囲気がとても良いので、再訪したいと思っていたのだ。

温泉内で二人と合流する。
なんでもついさっき、盗撮犯を逮捕し連行される大捕物があり、二人共ともちょうど現場に居合わせたそうだ。


駆けつけたパトカーを横目に、我々は東京へ戻るのだった。

当時のニュース

盗撮目的で温泉旅館の男女混浴の浴室に侵入したとして、群馬県警沼田署は16日、建造物侵入の疑いで、神奈川県藤沢市辻堂西海岸の社会福祉団体職員、加藤冬樹容疑者(48)を現行犯逮捕した。容疑を認めている。
逮捕容疑は16日午前11時20分ごろ、群馬県みなかみ町の温泉旅館の男女混浴の浴室に、女性の裸体を撮影するため、タオルに小型カメラを隠して侵入したとしている。浴槽に入らずに通路にいるのを不審に思った男性客が声をかけ、発覚した。
同署によると、加藤容疑者は神奈川県内で障害者の職業支援をする仕事をし、1人で旅館を訪れていたという。同署は余罪などを調べている。

この投稿へのコメント

コメントはありません。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策)