クェーサーマフラー装着

しぐさんからクェーサーのフルエギゾーストマフラーをお借りした。
フィッティングして試乗してみて、気に入ったら購入!という段取りになっている。


パークサイドピットにクェーサーマフラーが到着した。

パークサイドピット菅原メカもkurokiも知らないメーカーだが、見た目の感じからして「シッカリ作ってあるなあ」という感想。
ariさん情報だと、SRXカスタムで有名なトコの「モトギャラリークラフト」のマフラーとのこと(今はBMW屋さんになってるらしい)。

エキパイはSUSで軽く作られており、サイレンサーも上手く音量を絞ってありそうな作りだ。
さて、装着が楽しみ楽しみ。



そして、TRXへの装着が完了した。カーボンなので、なんとなくシックに見えて、結構いい感じ。


タイラマフラーのように、だらしなく広がっていない。
タダオマフラーのように、きゅっと先端がすぼまってる。

アイドリング時の音量は、タイラマフラーよりは勇ましい。3,000rpmでの実測値は90dbだったので、車検もバッチリ通るぐらいの音量。
輸入車の純正状態のような音量なのはkuroki好みである。
走行時の音量は、市街地ではマフラーの音がわかる程度で耳から疲れてしまうことはない。高速では風切り音の方にかき消されてしまう。
抜けが良くなったせいか、内圧コントロールバルブから通して聞こえるエンジンの音が小さくなった。

外環でブン回してみたが、全然苦しさを見せずに加速していった。
外環を降りたところの信号待ちでアイドリングしても、排気はちっともグズらなかった。今さっきブン回した後なのにね。

外環で200km/hぐらいまで引っ張ってみたが、全然苦しさを見せずに加速していった。
外環を降りたところの信号待ちでアイドリングしても、排気はちっともグズらなかった。今さっきブン回した後なのにね。


テールエンド部分に汚れやサビが目立っていましたが、工場長にキレイキレイにしていただいた。
ザイザルでグリューンと研磨して、ネバダルでシコシコと。
鏡面加工のようなピッカピカのテールエンドに生まれ変わった。


チェーンとのクリアランスはギリギリですが、kuroki的には十分許容ライン。

取り回しも軽いし、音量もホドホド。質感も高いし、仕上がりもよろしい。
かなりkurokiの理想に近いマフラーだった。これはお買い上げかな。

やっとタイラマフラーから脱出できる…。

この投稿へのコメント

コメントはありません。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策)