[つぶやき] 大柄ヨンヒャクは不健康!?

kurokiは、400ccの特定の車種に対して、ある種の不健康さを感じてる。

「ナナハンに匹敵する車格」

と称して、やたら大柄な車体を持つバイクがある。
しかし、肝心のエンジン出力がついてきていないため、とてもアンバランスに感じてしまう。

いや、正直に言ってしまおう。

だったら素直に大型乗ればイイのに。
大型コンプレックスが見え見えだよ。

ほんのちょっとの努力と、少々のお金で、大型に乗る資格が得られるのにね。
免許を取らない理由もいろいろあるようだが、説得力のある意見は聞いたことがない。

ハードルは、そんなに高くないのにね。


軽さ、扱いきれるパワー。

コレこそが、大型バイクにはない、400ccクラスならではのメリット、魅力だと思う。
先日久しぶりにこのクラスのマシンに乗ったが、軽快な操作感と程良いパワーがもたらす楽しさが、新鮮な驚きだった。

そんな楽しさを、むざむざ捨て去る大柄な車体。
ものすごく勿体ないと思う。

中型ならではのメリットを、もっともっと生かした方が楽しいよ。
大柄なバイクが欲しければ、素直に大型に乗るべきじゃない?