成田雪中ツーリング

実家から出張PCサポートの要請があった。仕方ないので行くことにしたが、せっかくなのでTRX850を引っ張り出した。
ついでに、成田ゆめ牧場で開催される「2りんかん祭りWinter 2019」に寄ってみようと思って。

練馬の自宅から外環道に入る。昨年の6月に開通した三郷南IC~高谷JCTを通って、首都高湾岸線へ入る。
いや~早くなったなあ。便利だなあ。

湾岸線、東関道を淡々と100km/hの定速走行をする。すると、スピードメーターの針がブルブル震える症状に遭遇。
その動きがあまりにも激しいので、針が落ちてしまうのではと不安に駆られる。あとでバイク屋さんに診てもらおう。


8:30。酒々井PAに到着。
同じく2りんかん祭りに参加する、Hasegawaさん@FJR1300Ohtaさん@BMW R1200RSを待つ。


暖かい珈琲とホットサンドが嬉しい。冷たくなった手がじんわりと溶けていく。

東関道から大栄JCTで圏央道へ入るが、路肩に雪が積もっているのを見てビビる。
下総ICで高速を降り、県道63号(大室街道)で成田ゆめ牧場へ。


見渡す限りのバイクばかりだ。すごい集客効果だなあ。


いろんなブースに行ってみよう!
HasegawaさんもOhtaさんも、それぞれお目当てのブースがあるようだ。


ブリジストンのブースで、MT-10用SP忠男マフラー POWERBOX Pipe“S”TitanBlue ユーザーの生の声を聞けて、ホクホクのkuroki。
その詳細は、MT-10 FunRidesにて。

3人でいろんなブースに寄っていると、楽しくてどんどん時間が過ぎていってしまう。
本来の目的である実家のPCサポートに行かなくてはならないので、名残惜しいが出発することにした。


12:30。トイレ休憩のため、道の駅「発酵の里こうざき」に立ち寄る。


なんかいい感じのキッチンカーを発見。「おむすび茶屋さつき」というお店らしい。


試しに天然焼鮭むすび、おかかむすびを買ってみた。これは美味しいかも!


13:30。実家の香取市小見川に到着。
ぬこに見られながら、PCのトラブルを片付ける。

おおむね片付いたところで、東京へ戻ることにした。
利根川沿いの道をたらたら走っていたら、視界の先に墨汁のような黒い雲がもくもくと広がってくる。間違いなく雷雨になる、そんな雲だ。

このまま進むのは危険と判断。佐原から東関道ルートで成田方面へ迂回することにした。
国道51号を走り、大栄ICから東関道に入る。その直後から大きな塊のぼたん雪が降り始めた。
高速に入った以上は引き返せない。たまらず大栄PAに避難するが、雪はますます強まっていく。

このままここにいては危険だと判断し、雪雲の中を脱出しようと決意。急いでレインスーツを着込み再出発。
ハザードランプと点滅させながら、路肩に近い方を徐行する。ヘルメットのシールドには雪が積もっていくので、左手はワイパーとなって視界を確保する。


涙目になりながらも、なんとか酒々井PAに到着した。
フロントカウルやスクリーンには、この通り重たい雪がびっしり積もっていた。

酒々井から先で、なんとか雪雲を抜けた。
その後は東関道→京葉道路→首都高7号→首都高4号と走って、YSP杉並南に立ち寄った。スピードメーターのことを相談しようと思って。

その後、別のお客さんが出発するときにkuroki号を倒してしまうアクシデントが発生。
修理代は先方が全額払ってくれることになり、話はすぐにまとまったが。
何度も転倒している傷だらけのマシンなので、心のダメージはあまりないkuroki。むしろ新たなカスタムネタができたと思っているぐらい。

それより雪中走行が、すごいダメージだったのだ。ゴッソリと精神を削られ、とにかくもう疲れた。
無事に帰って来られて良かったと、しみじみ思うのだった。

コメント