レギュレーターのパンク

先日、伊豆へツーリング行ったのち、ガレージに入ってから息絶えたkuroki号。
キーを入れても電源が入らなくなったのだ。

そして今日、TRXをコロコロ押して、主治医のパークサイドピットへ持っていった。
菅原メカにテスターでチェックしてもらう。

とりあえず電圧は9~11Vをキープ。
スターターボタンを押すと、「きゅるん」と弱々しい音を立ててスターターが回るものの、「ジジジジジ…」という音がイグナイター近辺から出て終了。

巨大バッテリーでジャンプしてみると、エンジンが始動する。アイドリングは安定していて、スロットルを開けても付いてくる。
でも、エンジンをOFFにした後、再びスターターを押すと、さっきと同じ症状に。

菅原メカ曰く、多分ジェネレーターのパンクだろうとのこと。
いろいろとチェックしてから、また連絡をくれることになった。


翌日になり、菅原メカより連絡があった。
想定通り、レギュレーター単体のパンクだった。
レギュレータの部品代は14,280円だったので、あまり費用がかさまずに済んだ。

  • バッテリーは通常の充電で復活(起電圧も安定)
  • 一番コストがかかるジェネレーター(ステーター&コイル)は、バッチリ発電

部品の入荷するのが木曜日らしい。今週末にはTRXは復活となる予定。

コメント