料金所対策の小技

料金所を効率的に通過する方法を、模索し続けている。
つまるところ、高速券やハイカ、小銭などを、素早く確実に出し入れしたいワケなんだが、これぞ!という解決方法を見出せずにいる。

タンクバッグを使う方法が一般的だが、下記に挙げた不満点があるため、タンクバッグを地図閲覧用と特化しているのが現状だったりする。

  • スリムなタンクバッグだと、地図とハイカの同居が難しい
  • 大きめのタンクバッグだと、圧迫感があって邪魔っ気
  • さらりと乗りたいときには、タンクバックは大げさ過ぎる
  • タンクに擦り傷が付くので、出来ればタンクバッグを使わずに済ませたい

何かイイ方法はないもんかね?と模索していたところ、yokoGさんから素晴らしい提案があった。


ビーチで使う防水タバコケース
これを、料金支払専用の小物入れに活用しようという試みだ。

試作品が出来たとyokoGさんから連絡があり、バイクで行けば10分強の小技工房に、いそいそと遊びに行く。



蛍光黄色のタバコケースに、アルミステーが接着されている。


アルミステーにネジ穴が開けられており、車体のどこかにマウントする仕組みだ。



yokoGさんの薦めで、トップブリッジの空きスペースにマウントする。
蛍光黄色のド派手なケースがいささか気恥ずかしいが、当面はこのまま運用することにした。

明日の珈琲オフで、どれぐらい使えるのかを、確認しようと思う。
う~ん、楽しみ楽しみ♪

この投稿へのコメント

コメントはありません。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策)