HID装着

TRXに乗り続けて、今年で5年目になる。
あれこれイジってきたのだが、パーツを替えるたびにワクワク楽しい気分になる一方で、セッティングのドツボにハマってしまった面も否めない。
正直言って、良く分からなくなってしまったのだ。

迷ったときは、原点に戻ろう。

そう思って今回は、迷っている箇所や不満点をノーマルもしくはそれに近い状態へ戻してしまおうと考えた。
一日がかりの作業になるだろうから、水曜日、会社をサボってY’s FACTORYに持ち込んだ。


フロントフォークには、ホワイトパワーの可変レートスプリングが装着されている。
このスプリングは、初期の沈み込みは軽く、奥で踏ん張るようになっている。
こう書くと、良さげなフィーリングを想像するが、さにあらず。
理想通りのシチュエーションになることはほとんど無く、むしろ堅さの方が目立ってしまい、ちと不快だ。

思い切って、スプリングをノーマルに戻してもらった。
油面や粘度も、ノーマルセッティングに戻してもらう。


右がホワイトパワーのスプリング、左が純正のスプリング。
比べてみると、違いがよく分かる。


長丁場になるので、とり釜飯で腹ごしらえ(笑)。


11月3日のいじくり日記で書いた通り、純正水温計を復活させ、デジテンを油温計にしてもらう。


油温計のセンサーは、オイルドレンボルトの位置に取り付ける。


ドレンボルトとセンサーが一緒になった専用ボルトを、ドレンボルトと置き換えるのだ。
デジテンからドレンまでの配線に若干悩んだが、目立たないように装着が完了した。

しかし、水温計の復活は出来なかった。
というのも、純正センサースイッチの発注をし忘れてしまったためだ。
この作業はまた後日、ということに。


よねさんの作業と平行して、kurokiはエアロフラッシュウインカーの装着位置を変更しようとしていた。
フロントはそこそこ綺麗に収まっているのだが、リアの見てくれには納得いってない。
自分で言うのもなんだけど、かなり「イケてない」と思う。

いったん取り外して、あちこち位置を変更してみる。
だが、どの位置に持っていっても、収まりが悪くイケてないまま。

悪戦苦闘は無駄なあがきだと悟り、思い切ってノーマルに戻すことにした。
こうなることを予想して、ノーマルウインカーを自宅から持ってきていたのだ。


30分ほどで撤去完了。

当然ながら、非常にキレイに収まった。
小僧っぽいチャラさが消え、ぐっと落ち着いた雰囲気に戻った。自然と口元がニヤついてしまう。


かねてからTRXのヘッドランプの暗さに不満を抱いていたkurokiは、先日AbsoluteのHIDキットを衝動買いしてしまった。
ウェビックの期間限定セールを利用し、1割引で購入した。送料も無料だった。

HIDの取り付けはよねさんにお願いしたのだが、噂通り、かな~り面倒な作業だった。


フロントカウルを外して、メーター裏にHIDランプイグナイターを装着。


リアカウルを外して、荷物室とカウルの間の空間にコントローラーを装着。


スペースの関係で、HIDのヒューズは荷物室の右側面に装着。


さりげない美しい配線のため、取り回しをあれこれ工夫する。

一件地味に見える作業が終わった頃には、すっかり夜になっていた。
もう二度と受けたくない作業だとコボされてしまったが(すんませーん > よねさん)。

だが、よねさんの苦心の甲斐あって、端から見たらHIDが装着されているのが分からないほど、自然な出来映えになった。
流石はプロの仕事!と感心してしまった。

なお、HID取り付けの影響で、浜モトニューロのモトイージーは取り外すことになった。
取り付けるスペースを確保できないためだ。
ライトのON/OFFスイッチを導入しようかと考えたが、配線の面倒さを思うと、考えなかったことにしようと決めた。


夜の9時、全ての作業が終了した。

TRXを遠目に眺めてみる。
kurokiが目指す「シンプルだけど理にかなったカスタム」が具体的な形になってきて、かなり嬉しい。
ニヤつきながら、自宅の松戸に戻ることにする。

HIDの威力は、笑ってしまうほど絶大だ。
TRXの台形のヘッドランプの形の光が、くっきりと路面に焼き付けられている。
この圧倒的な明るさを体験してしまうと、ハロゲンランプでなんとかしようという気が、跡形もなく吹き飛んでしまう。
かけた手間や費用に見合うだけの価値は、絶対にある。

先日降った雪の影響で、夜の空気は凍てつくような寒さだったが、満足感で心はじんわりと暖かかった。
むふふ。