メインハーネスの交換

先日飯士山荘に宿泊したとき、ハロゲンに戻したヘッドライトが暗いことをボヤいたところ、耳へん院長から耳寄りな情報をいただいた。
20年選手のTRXなので、メインハーネスが経年劣化してヘッドライトが暗くなるとのこと。
ハイ・サイドというショップで、TRX850用の純正互換のメインハーネスが販売されているとのこと(ちなみに顧客第一号は耳へん院長)。

いつかメインハーネスを更新しようと思っていたところ、yasuoさん商店Webikeでハイ・サイド製ハーネスがSALEになっていることを発見。
クリックして購入手続きを取り、発送先をモトスプリングに指定した。

また、ACCOSSATOフロントブレーキレバーの先端が削れてしまったため、交換することになった。
輸入代理店である松本エンジニアリングの金山さんに連絡を取り、TRX850用マスターシリンダーの先端部分の部品を出していただいた。
こちらも購入手続きを取り、モトスプリング宛に発送していただいた。


ハイ・サイド製ハーネス。


ACCOSSATO製ブレーキレバー。

8月3日。部品が揃ったところで、モトスプリングにkuroki号を持ち込んだ。
これらのパーツ交換に加えて、100km/hぐらいの定速走行をすると、スピードメーターの針がブルブル震えて落ちそうになることの対策もお願いした。


原因がわからないため、ひとまずメーターギヤのOHをして、様子を見ることになった。


できあがり。

作業詳細:
1. 2019/08/06
2. 2019/08/09


8月9日。会社帰りにモトスプリングに寄って、kuroki号を引き取りに来た。
ヘッドランプが割と明るくなったTRXに乗って、首都高を走って練馬の自宅へ戻るのだった。

なお、スピードメーターの針が震える現象については、まだ発生する模様。
さてさて、どうしたもんかなあ。

コメント

  1. Masayan より:

    ちょっと気になったのでコメントさせていただきます。

    最後の画像ですが、スピードメーターケーブル逆じゃないですか?何か意図があるんでしょうか? まぁ、それでタコ踊りになるとは思えませんけど…。