SUGO祭り2012 – スポーツランドSUGO貸切走行会


カラッと快晴!五月晴れ!

こんなグッド・コンディションでSUGOを走れるのは、初めてのことかもしれん。
しかも今回は、3時間半もフリー走行を楽しめるのだ!なんと!

テンション上がりまくり!

鳴子温泉


鳴子温泉の朝は、爽やかな快晴だった。


ゆっくりと温泉に入り、朝風呂を楽しむ。


東多賀の湯」の美味しい朝ご飯を堪能。


ここの白米はマジうまい!クセになる!

同僚のharadaくん

旅館の朝を堪能した後は、SUGOへ向けて出発。


田園風景が延々と続く県道267号で、ちょっとスナップを撮影しながら、SUGOへ向かってツーリングを楽んだ。


午前10時半。
道の駅村田で、同僚のharadaくんと合流。

haradaくんは、以前Kawasaki ZX-6Rに乗っていた、SS好きの若者(入社3年目)。
一度バイクから降りていたのだが、最近、憧れのマシンを入手して復活となったそうで。
SUGO祭りのことを話したら、ぜひ参加したいとノリノリだったので、連れてくることにした。


これがharadaくんの愛機、MV Agusta F4。


走行距離4,000kmの中古を購入したそうだが、それでも156万はしたそうだ。
購入19年目のkurokiのTRXと比較するのは…悲しくなるからやめよう。

haradaくんは、サーキット走行が初めてだということなので、用具から入手することになった。
Saikiさんからレーシングスーツを譲っていただいたり、Webikeでインナースーツ等の購入を指示したりと。

しかも、Agustaでツーリングも初めてだということなので、こちらの用具まで入手することになった。
kurokiから、mille用タンクバッグ、防水ヒップバッグ、お古の雨具一式を提供したり。
いろいろと手間がかかる奴だが、若いバイク乗りが増えてくれるのは喜びたい。

そして、Agustaで峠道走行も初めてだということなので…SUGO近辺の峠道を、kuroki先導で走ってみることに。
茂原の右コーナーで転倒したトラウマを引きずっていたらしく、特に下り右コーナーがヨタヨタだ。

本番のSUGOは右コーナーが主体なのに…どうなることやら。

走行開始!


正午過ぎ。スポーツランドSUGOに到着。


TRX仲間が続々と集まってくる。嬉しくてテンションが上がっちゃう。


給油するくりきさん。


タイヤをウォーマーで温めて、準備万端くりき号。


Island号のテールランプには面白いギミックが。


ブレーキランプがOFFのときは TRX と表示されるようになっていたw


走行準備を済ませた後、ブリーフィング。その後、完熟走行開始となる。

YSP葛飾の社長さんが、haradaくんを含むSUGOビギナーズに、コースイン&アウトなどの基本的作法をレクチャーしてくれた。
ライン取りについては、マン・ツー・マンでkurokiが先導する。
とは言っても、コーナー毎に設置されたパイロンを目印に走ればいいだけなんだけどね。

1.手前のパイロンのところで、ターン開始
2.ターン後は奥のパイロンめがけて突っ走る

これだけ覚えれば、特に教えることはなかったりして。


レーシングスーツを着込むharadaくん。ワクワク・ドキドキの走行開始。

3周ほどharadaくんを先導走行してピットイン。
ついでに、bombさんから先導を依頼されたので、続いて2台まとめて先導走行。

先導を済ませた後は、kuroki自身も完熟走行開始。
数周も回ったらヒザの接地し始める。車体に加重がかかって乗れはじめたサインだ。

よーし、今回は行けそうだぞー!

今回は乗れた!

茂原で練習を重ねた成果か、エンジンをO/Hした成果か。
いずれにせよ今回のSUGOは、今までにないぐらいに乗れた。

とにかく、めちゃめちゃ楽しい!

今まで苦手だったS字コーナーやレインボーコーナーも、問題なくスパッと決まる。
シケインもヒザを擦りながら、パシパシと切り返しが決まる。
その割に、太ももや背中などに乳酸がたまることはなく、リラックスして走れている。
(後で撮影した動画から割り出したところ、ベストタイムは56秒台ぐらい。結構いいペースみたい)

はー、今回も参加して良かったと、心から思うのだった。

GoPro HERO2

今回は「GoPro HD HERO2」という、新しい車載カメラを導入した。
今までのSANYO Xactiとの違いは…

  • 小型、軽量なので設置場所の自由度が増えた
  • 広角レンズなのでコーナリング中の視界が広い
  • 2時間ほど連続撮影が可能な電池
  • マイクの性能が劣るので、音質はイマイチ

これをナビのあるトップブリッジに設置して、他の方々の走りを撮影してみた。
クリアで美しい映像が撮影でき、皆さんに喜んでもらえた。
別投稿で公開

来年はリアにもGoProを設置してしまおうかな。

岩沼屋

3時間半の楽しい走行は、あっという間に過ぎた


今回のお宿は、例によって秋保あきう温泉の岩沼屋


温泉で汗を流した後は、待望の宴会だ。
いつもながら美味しい料理の数々を堪能した、飲んで騒いで楽しい夜が更けていくのだった。

この投稿へのコメント

コメントはありません。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策)