モトスプリングにTRXエンジンのオーバーホールを依頼したのだ

エンジンの不調に見舞われたkuroki号。症状としては、次のような感じ。

  • コーナーから脱出したり、前走車をパッシングしたりするなどの加速時に、大きな「べちべちべちべち」という異音がする
  • 異音が発生する回転数は4千回転ぐらい(TRXの加速が最も楽しいポイント)
  • エンブレをかけたときにも「がらがらがらがら」と大きな異音
  • エンジンが冷えているときはあまり異音がしない
  • アイドリング時は異音がしない
  • パワーがなくなったような感じはしない

主治医であるパークサイドピット菅原メカにkuroki号を診察してもらったところ、予想通りエンジン内部の問題。簡単に直るような症状じゃなかった。
恐らく、バルブクリアランスが広がっている模様。どこかをかじったりしているとかの状態ではなさそう。詳しいことはエンジンを開けてみないと判らない。

kuroki号の走行距離は56,000km。乗り始めてもう13年。
以前から、そろそろエンジンのオーバーホールをしようかなと思っていたが、特に調子も悪くなかったので踏ん切りが付かなかったのだ。
いい機会だったので、オーバーホールすることを決断した。

kuroki的には主治医にオーバーホールを依頼したかったのだが、パークサイドピットの受け入れ体制が整っていない状況なので、納期が未定になってしまう。
yokoGさんの口利きで、葛飾奥戸にあるモトスプリングというショップにオーバーホールを依頼することにした。


モトスプリングとはこういうお店。

  • このご時世に、TRXを7台も売っている
  • 店長の酒井さん自身もTRXに乗っている
  • TRXのエンジンをしょっちゅうバラしている
  • TRXに関するノウハウがホット
  • yokoGさんの顔が利く(笑)
  • yokoG工房まで徒歩20分弱の距離
  • 酒井さん自身はGPメカなどのスゴイ経歴はない


酒井さんと相談しながら、メンテナンスのメニューを詰めていく。

  • 気分よく走れる状態を取り戻すことをメインテーマとする
  • パワーアップは望まない(だったらマシン乗り換えた方がいいもんね!)
  • 腰上のオーバーホールだけで行けそうなので、その範囲でメンテする
  • バルブ等も状況が良ければそのまま流用する
  • ゴムやパッキン類は全交換
  • 塗装の剥がれかけたエンジン外装も再塗装する

首尾良く作業が進めば、11/20のツーリングに間に合うかもしれない。
「集中して仕事しろよ」と、裏でyokoGさんがプレッシャーをかけておられたので(笑)。

この投稿へのコメント

コメントはありません。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策)