茂原MOTOBREAK初デビュー

あべまさんやくりきさん達が通いつめている、茂原ツインサーキットが主催する走行会「MOTOBREAK」に、以前から興味を持っていた。
仕事の都合で休みが取れず、なかなか参加できなかったが、kurokiが休暇中の月曜日に開催されると聞きつけ、参加を決めた。

5:40起床。
目覚ましをかけ忘れていたのに、奇跡的に起きられた自分を褒めてあげたい。
外の天気は曇り。今にも降り出して来そうな、湿り気の強い空気だ。

6:00出発。
環八を南下する。ヘルメットのシールドでジワジワと水滴が大きくなっていく。うっすらと霧雨が降っているようだ。
高井戸ICから首都高に入り、レインボーブリッジ経由で湾岸線へ。そしてアクアラインを通って房総半島へアプローチ。
海ほたるから地上に出ると、そこは霧の世界だった。シールド越しの水の粒が、みるみる育って大きくなり、水滴となって流れていく。
雨具を着ようか迷っているうちに、木更津に到着。霧から抜け、曇りながらもドライコンディションに回復。

あとはzumo660ナビにお任せで、茂原ツインサーキットを目指す。


7:30ぐらいにサーキットに到着。シンタローさんが先着していたので、その横で店開きを始めることにした。


ミラーを外し、灯火類にテーピングをしていると、くりきさんの仕事仲間の市川さんが到着。
そしてくりきさんは…市原が雨だったので、走るのをやめて見学するという連絡が。同じTRX仲間が揃うと思ったのに、残念無念。

今回は茂原デビューのkurokiは、茂原常連であるシンタローさんや市川さんの意見を聞き、台数の少ない中級クラスにエントリー。
前走者をパッシングするストレスなしで、伸び伸び走ろうという魂胆だったのだが、あまり人数が少なすぎて、中級と上級が一緒の走行枠になってしまいましたとさ。

20分ごとに走行を繰り返す。
1回目の枠は身体をほぐすことが目的。だいたい1’07ぐらいのペースで周回します。
2回目はちょっとペースが上がり、1’07~1’03ぐらいで周回。
3回目はもう少しペースアップ。膝を接地してトラクションがかかって来たので、1’01ぐらいで周回できるようになり、午前最後の4回目で1’00に到達する。

でも、周りはもっと速いペースで周回している。概ね0’50~0’55ぐらいのペースなので、kurokiはみそっかす。抜かされまくる。
もっとも、見通しの良いところで抜けるスペースを作れば、皆さんスイッと抜いて行ってくれる。無理に抜いたりしないので、全くノーストレス。
このクラスにしていたのは正解だったかもしれない。

天候はなんとか曇りの状態を維持したまま、午前の部を終了となる。
レストハウスで昼食をとっていると、一気にザーッと降り始めた。
午後の部が始まるころには雨は止んだが、路面はフルウエット。
走る気持ちは失われて盛り上がらないまま。5回目のセッションはパスした。

6回目でドライコンディションに戻ったので、走行を再開。
しかし、気持ちが戻らないので、1’04ぐらいのペースに逆戻り。
7回目で、少し調子が戻って来て、1’02ぐらいに回復。
8回目で、1’01まで回復し、午前中の感触を取り戻しつつあることを実感する。
9回目で、本日のベストタイム0’59″039をマーク。膝もガリガリ接地して、いい感じで周回できるようになったところで、本日の走行を終了した。
トータル集回数は86周。割と走り込めたんじゃないだろうか。


天候はイマイチだったが、転倒はなく、無事に走行を楽しめた。
帰り道もナビに任せて帰るが、地図に映るちょっと面白そうな脇道に入りつつ、来た道よりも若干遠回りをしてアクアラインへアプローチ。
あとは淡々と移動し、6:00ぐらいに練馬へ到着した。

茂原の雑感としては…

  • 路面が荒れぎみなので、膝が滑らせにくい
  • 荒れた路面でトラクションが抜け、転けてしまいそうになる
  • コースの見通しは良く、走りやすい
  • 特に3コーナー!?の下りながらの左ターンが気持ちいい
  • 屋根のあるピットがあるので、雨が降っても安心
  • トミンへ行くなら、絶対コッチの方が楽しめると思う
  • トランスポンダー込みの参加費用が11,500円と、費用もリーズナブル

また走りに来たいと思った!


くりきさん、シンタローさん&マミさん、市川さん、お世話になりました!

コメント