スポーツランドSUGO 貸切走行会 2011

SUGO祭りとは、YSP葛飾が毎年開催しているイベント。
この店の常連であるyokoGさんが、trx850.jpメンバーの参加の便宜を図ってくれたおかげで毎年参加しているのだが、もはやjpの恒例イベントとして定着している。

3ヶ月前に発生した東日本大震災の影響で、東北地方は甚大なダメージを受けた。
今年のSUGO祭りも開催自体が危ぶまれたが、関係者の努力で開催されることとなった。

しかしkurokiは、GWもなく土日もなく夜遅くまで働きづめの毎日だった。エントリーはしたものの「参加は無理かなあ」と弱気になっていたのだが、kurokiの中で大きなウエイトを占めているSUGO祭りに参加しないと、仕事だけに潰された日々を振り返って空しくなるのだ。
それはやっぱりゴメンだな、と思いを新たにし、万難を排して時間をこじ開け、参加することにしたのだった。

嫁からは「毎年毎年、ホントによく行くねえ…」と呆れられたが。

06/10(金)

ホントはこの日、休みの予定だった。
SUGO前の足慣らしを兼ねて、あちこちの峠道をつないで走ろうと思っていた。

が、しかし!

仕事が押せ押せの状態なので、この日の休みはキャンセル。
定時である17:30までに、自分でも驚くぐらいの集中力で仕事を切り上げ、会社を脱出。
18:30に石神井公園に到着し、菅原メカからメンテ済みのTRX850を受け取る。
19:00に自宅を出発し、給油とトイレ以外の休憩はせず、東北道を一気に北上。震災の影響で路面に上下のうねりがあるが、走行には支障ない。日本の土木の修復技術にはホント恐れ入る。
白石ICで東北道を降り、夜の峠道をクネクネ走ったあと、「遠刈田温泉 宮城蔵王ロイヤルホテル」に到着したのが23:00。

Iidaさんと合流した後、温泉で汗を流す。

「ふあ~~~~」

疲れた身体が一気に溶けていくような浮遊感を味わいながら「ああ、前泊して良かったなあ」としみじみ思うのだった。

なお、このお宿はIidaさんが見つけてくれた。
ちょっと古めだが大きくて立派なホテル。朝飯も付いて5,000円とはお得だ。

自室に戻ってIidaさんとウダウダおしゃべりをしてから1:00に就寝。
明日は、近所の峠道で朝練をするつもり。なので、ちょっと早めの時間に目覚ましをセット!

06/11(土)

5:00起床。
ホテルのカーテンをザッと開けたら…雨だった。

Iidaさんと宿泊してるんだから、雨降るのは必然。
自然の摂理には逆らえないので、素直に二度寝を決め込んだ。いやぁ、前泊ってホントに素晴らしい!

7:00再起床。


ホテルの朝食ブッフェでシッカリと朝飯をいただく。なかなか味が良くて満足なのだ。
余談だけど、こういうブッフェで自分の食べたいものを手当たり次第に取ることは感心しない。
テーマを決めてから、テーマに沿った品をちょっとずつ、でも品数多く取るのがスマートなやり方だと思う。

朝食の後も、雨は降り続いている。
朝風呂を浴びてまったりした後も、雨は降り続いている。

強弱をつけながらも、容赦なく降り続いている。
いやあ、最凶雨男Iidaさんの妥協なき仕事ぶりには感心するしかない。
あえて「天晴れ」とは言わないが。

9:30になっても、まだ雨は降り止まず。
仕方ないので雨具を着込んで出発進行。


30分ほどでスポーツランドSUGOへ到着。


路面はヘビーウエット。気分が萎える状態だ。
「早く温泉行ってビール飲みたい」とスッカリ逃げ腰モードになる我々だった。


ほどなくして、続々とメンバーが到着。


ブリーフィングの後、12:00に走行が開始になった。
ヘビーウエットの中を、しぶしぶ完熟走行していたところ、2周目ぐらいで赤旗中断。

アメリカンで走っていた人がステーン!とやってしまったらしく、コース上でグッタリと横になって倒れていた。
そのシーンを見て、すっかり走る気をなくしたkuroki。足慣らしのまったり走行モードのまま、スイッチが入らない。
「どうぞ抜いてくださいませ」という気持ちで、のほほん走行を繰り返す。
疲れたら、すぐにピットに入って休憩。無理しなーい、無理しなーい。

やがて雨は止んだが、路面はウエットコンディションのまま、第一部が終了。


だが30分の休憩の間、スッカリ晴れ上がって青空に。


路面は急速に乾き、14:00からの第二部が開始する頃には、待望のドライコンディションに!

いやっほう~~~!

今までの鬱憤を晴らすように、残り1時間の走行枠をガシガシ走り込む。
去年の7月以来、まともな走行をしていなかったkurokiは、上手くバイクをコントロールできずにいた。しかし、周回を重ねる毎に固まっていたモノが溶けていき、徐々にコントロールする感覚を取り戻していることを実感する。

ガガッ!

ついにヒザの接地が始まった。バイクに乗れてきたことを示すサインだ。
車体にシッカリとトラクションをかけられているので、コーナリングで心地いいGを味わう。

はあ~~~、めちゃめちゃ楽しい!

SUGO祭りでこんなに楽しい気持ちになれたのは、ホントに久しぶり。
あっと言う間に1時間の走行が終了。もう30分走りたかった!


参加した皆さんも「今日は楽しかった!」と口を揃えて、満足げな表情を浮かべていた。


この後、岩沼屋へ移動して、温泉を浴びてまったり。
いつものように宴会でハシャいで、楽しい一日はあっと言う間に過ぎ去っていったのだった。

06/12(日)

4:00起床。
昨晩のうちにまとめていたライディングウエアを着込み、寝ているみんなを起こさぬよう、ひっそりと出発するkuroki。

悲しいかな、午後から会社に戻らないとならないのだ。
ああ、あの美味しい岩沼屋の朝飯よ!さようなら!
今年もいろんなモノを焼いて食べて、ほかほかご飯でにんまりしたかったよ!

早朝5時前の秋保温泉~村田IC近辺は、クルマがものすごく少ない。
いつも行く手を阻むダンプも、この時間にはいない。自分のペースでワインディングロードをすいすい駆けていける。気持ちいいなあ。


村田ICから東北道に乗り、給油とトイレ休憩のみですっ飛ばして移動。
少しは渋滞があるかと思ったのだが、道路はガラガラのまま、9:00には東京の自宅に到着した。

後片付けを済ませ、シャワーを浴び、嫁と朝飯を食べたら11:00。
昨晩岩沼屋から発送したお土産を受け取り、会社へのお土産を携えて出勤。

12:00。メールを開いたら…一気に現実に引き戻された。この日は結局、23:00までお仕事していたのだった。

この投稿へのコメント

コメントはありません。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策)