TRXの11回目の車検


8月30日。
葛飾奥戸にあるモトスプリングにkuroki号を預けたあと、京成小岩へ歩いていく。
残暑の日差しにジリジリと焦がされ、全身から汗が吹き出る。


住宅街の中にあるパン屋「ラ・タヴォラ・ディ・オーヴェルニュ」に立ち寄って、嫁へのお土産パンを購入。かぞくポイントを着実に獲得するのだ。


池袋で買い物を済ませたあと、いつも混雑して入れないバーガー屋「イーストヴィレッジ」が空いていたので、立ち寄ってビール休憩。
乾いた喉にハートランドビールが染み入る。美味い。もちろんハンバーガーも美味なり。



9月5日。
整備が完了したkuroki号を引き取るため、電車とバスを乗り継いでモトスプリングへ。


2020年だというのにTRXだらけの店内。
TRX850が生産終了になったのは2001年。時が止まっているような錯覚を覚える。


店長の酒井さんにkuroki号を引っ張り出してもらう。


今回の車検整備では大物の交換は行わず、油脂類の交換とメンテナンスのみ。
といっても、いろいろ作業を行ってもらっている。

  • オイル交換
  • クーラント交換
  • ブレーキフルード交換
  • ブレーキキャリパーの清掃、揉み出し
  • Rホイールまわりの清掃給油点検
  • スイングアームピボットシャフトの清掃給油
  • ドライブスプロケットまわりの清掃給油点検
  • ドライブチェーンの清掃給油点検
  • エアエレメント交換


エアエレメントはK&Nエアフィルターから純正に交換。
現在のkuroki号のいじくり方針は動態保存。効率向上は求めていないので、躊躇なく純正パーツに戻したのだった。

カスタムネタも枯渇している。何かやるとしても、軽量ホイールへの交換しか残ってないかも。
来年あたり、アドバンテージEXACT IIホイールに変更したいと思うところなのだ。

コメント