TRXの5回目の車検

5回目の車検が完了したkuroki号。つまり10周年ということなのだ。

いや~、ずいぶん長い間このバイクに乗ってるよなあ、としみじみ感じている。
10年という年月の間に、最新バイクは劇的に進化を遂げている。

最新鋭SSなんて、ホントもうスゴイ。
ピーキーで乗りにくいなんてのは、もう過去の話。40km/hで普通に流れる走りだって、何の苦もなくこなせちゃう。もちろん飛ばしたときの性能は、言うまでもなく素晴らしい。
それに比べちゃうと、悲しくなるほどプアーな性能のTRXだが、しみじみとした味わいのあるフィーリングは最新鋭SSには出せない貴重なモノ。

今後も大切にしていかなくっちゃ!と思うのだった。


今回のkuroki号のメンテナンスメニューはこちら。

  • 車検整備
  • フロントフォークオーバーホール
  • リアサスオーバーホール
  • リンクグリスアップ
  • クーラント交換
  • 前後ブレーキフルード交換
  • エアクリーナー洗浄
  • スパークプラグ交換
  • キャブレーター調整
  • エンジン圧縮チェック

今回はエンジンの具合もチェックしてもらった。
10年で40,000km走ったし、TRX仲間のマシンが続々とオーバーホールをしている。気にならないわけがないじゃないか。

エンジンのカーボンを除去した後、圧縮を測ってみたら、両方ともピッタリ13.5だったそうだ。
タペット音も出ていないし、ヘッドカバーからもオイル漏れはない。
非常に調子がいいということがわかって、ホッと一安心。

久々にTRXにまたがる。
オーバーホールしたリアサスは非常に良く動いて、気分がよい。
調整されたキャブの吹け上がりも上々で、軽々と柔らかにスピードが乗っていく。

あー、ちょっと走りに行きたくなっちゃったなー。

コメント