週末工房日記

仕事が忙しかったり、天気が悪かったりして、なかなか遊びに行けなかったyokoG工房。
いろいろとステキな小技が開発されているみたいなのに、ただ指をくわえて「いいな~」と思っていた日々も、今日で終わり。

ふふふ。ついにkuroki号にも注入されたのだ!


ピカピカマフラー


噂のオフセットザイザルでエキパイがピカピカになったよ!ステキ!


マフラーを取り外し。エキパイを外して。


サンダーでグイーンと磨いたわけですが、全て工場長にやっていただきました。
いやはやホントにありがとうございます。


取り付けは、工場長。
取り付け後の最終仕上げにishijimaさんがkuroki号のあちこちを磨き始めてしまったので、オーナーであるkurokiも負けてられない状態に。
おかげさまであちこちのアルミ類がピカピカに。黄ばんできたフレームもコンパウンドで白くなり。

しかし、マフラーがピカピカになると、エンジンのくたびれ具合が目立つこと。


ハンドルバランサー

ナオエさん発案、工場長作成のハンドルバランサーVer.3をkuroki号に注入。
バーエンドキャップが非常にショボショボだったので、ドラスタへ買い出しに行ってみたり。

装着して感じたことは、まず手に伝わる振動が激減した。
その影響で、いつもよりもスピードが出してしまって慌ててしまう。
また、余計な振動がカットされたせいか、とても上質なフィーリングになった。

ハンドルの重さが増したことで、以前よりもハンドルの切れ込みが増した感じ。
でも、自然にわかりやすくセルフステアを感じられるのは、ナオエさんが適切な重さで調整したためかと。。


バリアスコート

ariさんオススメのバリアスコートを試してみた。
kuroki号と美影号に試してみたのだが、プレクサス効果のあったkuroki号よりも、美影号でハッキリと効果が!
全体的に膜が1枚はがれたようにスッキリとなった。特にスクリーンがクリアになったのには驚き。終始にこにこ顔の美影さん。

そんなわけで、工房へ上納してきたので、jpの皆さん使ってね!

この投稿へのコメント

コメントはありません。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策)