リアMOS、フルード漏れ

8月22日。仕事が夏休みの間にイロイロ片付けようと思い、kuroki号をパークサイドピットに持ち込んだ。

  • フロントブレーキからジャダーが出ていることを、ナオエさんから指摘されていた
  • また、冷却ファンが動くものの、水温計があまり動かないことも気になっていた

すると…

「リアブレーキからフルード漏れてますよ」

想定外の現象も菅原店長から指摘されてしまったのだった。

実は、リアブレーキをMOSキャリパーに換えて以来、エアを噛みがちだったり、フルードが漏れたりと、いろいろとトラブルが発生していた。
「ホースやマスターシリンダーを交換したらどうでしょうかね?」と菅原さんに聞いたところ、「十中八九、キャリパーに問題があると思いますよ」とのこと。

リアMOSキャリパーは新品で購入。途中でフルード漏れが発覚してシール交換したものの、現象再発。
ピストンとシール交換しても、現象が収まるかどうかはわからない。
どうせ、キャリパーボディはトミンでの転倒で削れちゃってるし。

なので、思い切って新品キャリパーに交換することにした。
また、水温計の件は、サーミスタをチェックすれば直りそう。

フロントブレーキのジャダーの件は…あ、忘れてた(汗)。


そして本日、kuroki号が復帰となった。

  • 水温計動作不良
    • サーミスタ交換、LLC補充で対応完了。
  • フロントブレーキディスク振れ検査
    • 公差の範囲で全く問題なし。ホッ。
  • リアブレーキキャリパー交換
    • XJR400の青MOS新品を装着。コレで多分大丈夫のはず。

このまま高速に乗って、秩父方面へ走りに行くか、小岩の小技工房へ遊びに行こうかと思ったのだが、うすらどんよりと曇った空を見て止めた。
ゲリラ豪雨にやられちゃいそうな、いやーな予感がしてね。

案の定、小岩では激しい豪雨に見舞われて、つばささんとくりきさんが雨宿りをしていたそうだ(笑)。

この投稿へのコメント

コメントはありません。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策)