ガレージ問題、勃発!

9月5日。
kurokiが借りているレンタルガレージに、問題が勃発した。
急遽、代替のガレージを探さなければならなくなったのだ。

実は以前から、RIDERS SPACEの菅原さんから「困ったことになりました」と相談を受けていた。
現在借りている倉庫の再契約が、急にできなくなってしまったそうなのだ。

なんとか頼み込んでみると言っていたけど、やっぱりダメだったようで。
9月23日までにガレージを閉めて、車両を移動しなければならないことになってしまったのだ。

Goobike.comのバイク駐車場検索で、自宅近辺に駐輪場が空いていることを突き止めた。
早速申し込みをしてみたが、今はまだ返答待ちという状況。


9月8日。
なんとか代替えのガレージが見つかった。

石神井警察前なので、防犯面でも安心!?
富士街道沿いなので、自宅から近くなったし。

ただ・・・このガレージ、現在オーナーさんと交渉中の状態とのこと。
オープンは9月下旬としか言えない状態だそう。ひとまず入居予約という扱いにしてもらっている。

まだまだドギマギする日は続きそう。
9月下旬に予定されている蕎麦ツーも、コレが片付かなきゃ行けそうになさそう・・・だ(涙)。


9月17日。
懸案だったガレージ問題が、ついに決着した。

RIDERS SPACEの菅原さんが、「kurokiさーん、ヤバいの見つけちゃいました」とチラシを差し出した。
石神井公園駅前のタワーマンション「ピアレス」の駐車場に、自動二輪の駐輪場がオープンしていたのだ。

基本的には時間貸しなのだが、1ヶ月単位の契約も可能だそうで。
料金はなんと8,000円。今までの20,000円と比べたら半額以下だ!
さっそく電話してアポを取り、kuroki号を持ち込んだ。

駐輪スペースは、いままでのRIDERS SPACEと大差ない。
止める場所は特に決められておらず、定期枠の空いているスペースにねじ込むというスタイル。
24時間有人管理だし、地下駐車場なので雨露にさらされることもない。

あーやれやれ。ようやく肩の荷が下りた。


気が楽になったので、ぶらっと秩父のあしがくぼまで、ツーリングに行ってみたのだ。


11月1日。
レンタルガレージに併設されていたショップは、いったん閉店。
「パークサイドピット」となって、リニューアルオープンとなった。

ちなみに、この名称に決まる前は「石神井輪店」が最有力候補だった。
だが、スタッフの一人から猛反対があったので、別の名称を考えることに。

  • 読みやすいこと
  • 地元に密着した店をアピールできること
  • ドメインを取れること

上記の条件をクリアしたのが、パークサイドピットだったのだ。
ちなみに命名者はkurokiだったりして(笑)

この投稿へのコメント

コメントはありません。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策)