[つぶやき] 情緒的 VS 合理的

昨日のHMSの行き帰りは、つばささんのクルマに同乗させてもらった。
車中でTRXに対する価値観について盛り上がったのだ。

興味深い内容だったので、投稿に起こしてみることにした。


つばささん自身は、

  • 今まで10何台も乗り継いできたけど、ようやくこれ!と思える1台に出会えた。
  • バイクが好き、というよりTRXが好きという感が強い。
  • TRXに対しては不満が全くない。100点をあげたい気分だ。
  • ずーっと手放したくない、一生モノだと思っている。

それに対してkurokiは、

  • 好きなバイクであるけど、猛烈に好きというわけではない。
  • そもそも購入するときも、何となくあてがわれた感があるぐらいだし。
  • バイクを擬人化するような気持ちはない。TRXは楽しい道具と思ってる。
  • TRXに対する不満はいっぱいあったけど、今は色々手を尽くした感がある。
  • これ以上を求めるなら、最新バイクに乗り換えるしかないと思っている。
  • TRXが大破したら、あっさり乗り換えちゃうんだろうなあ。

という、見事に異なる見解が。


さらに掘り下げてみると、つばささんは、

  • 最新スーパースポーツには全然興味がない。
  • 奥多摩とかで2stオイルの匂いとかを嗅ぐと、ムラムラとして気分が昂ぶる。
  • キックスターターを蹴りおろす行為や、カパカパとキャブの加速ポンプを開けてスタートさせる儀式が大好き。
  • 自動巻の時計が好き。時間がずれてたら合わせりゃいいじゃん、というスタンス。

そしてkurokiの方は、

  • 電子制御デバイス大好き。速く走るための結果にそそられる。
  • オイルの匂いを嗅いでも別になんにも思わない。バイクの調子を見るためのパラメータとしてしか意味はない。
  • キックスターターは面倒でイヤ。加速ポンプを開けるスタートの儀式も面倒だと思ってる。
  • クオーツの時計が好き。正確に時間を計測することが重要だと思っている。

同じTRX好きなのに、こうも好みが異なるとは面白い。
情緒的なモノが好きなつばささん、合理的なモノが好きなkurokiという違い、なのかな?

さて、みなさんの好みはどうだろうか。

この投稿へのコメント

コメントはありません。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策)