カーボンクリーニング


9月18日。
kuroki号のFCRキャブを、主治医のバイクショップであるRIDERS SPACEでオーバーホールを行った。


キャブを外したその先に見えるエンジン内部に、こってりと固着したカーボンが確認された。

ひとまず、主治医の菅原さんと相談することに。

理想的にはエンジンのオーバーホールだが、当然費用はかかる。
2万円弱ぐらいでやれる、カーボンクリーニングという方法もあるそうだ。

とりあえず今は、カーボンクリーニングでお茶を濁して、冬ごもりの際にオーバーホールにトライするのが良のでは?となったのだ。

うう、諭吉さんが飛んでゆく~。



そして今日、kuroki号にカーボンクリーニングが実施された。


専用の薬剤を注入して、固着したカーボンを溶かすそうな。


出てくる出てくる、黒~いカーボンが。


こってりとたまったカーボンが…。


こんなにキレイに取れている!

元々オーバーホールするつもりだったし、今回の処置はダメモトで行ったことではあるが、予想以上に効果があって嬉しい驚き。

クリーニングの試走で感じたことは、まずゼロ発進からのトルクが太くなったこと。
エンジンの吹け上がりが軽くなり、上の方までグーンと回っていく。もちろんその間、パワーの落ち込みも感じない。

もしかしたら、納車以来一番調子の良いkuroki号になったんじゃないの!?
そう感じる結果なのだった。

この投稿へのコメント

コメントはありません。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策)