スポーツランドSUGO 貸切走行会(前編)

ある日、yokoGさんからメールが届いた。

鈴木猛単亜進(スズキモータース:YSP葛飾)主催の「スポーツランドSUGO 国際レーシングコース走行会」の連絡が入りましたのでお知らせします。
trx850.jp枠を何名分か確保しているので、よかったら参加しませんか?

SUGOみたいなフルコースを、思う存分走れる機会なんて、そうめったにあるもんじゃない。
速攻で「参加します!」と返信を書くのだった。

trx850.jpから参加するのは、

  • Iida
  • ishijima
  • くりき
  • tatuya
  • ma-sa
  • yokoG
  • kuroki

これらの面々だ(50音順・敬称略)。

なお、今回のSUGO走行会は、宿泊と走行会がセットになっている。
SUGOでの走行は10月12日(火)の午前中。
併設されたホテル「くぬぎ山荘」に前日から宿泊するため、時間的に無理なく参加できる。

ホテルに向かうまでは、鈴木猛単亜進の皆さんとツーリングすることになった。
ところがこのツーリング、とんでもなくハイペースで刺激的だった。
正直、参加したのを後悔したほどに(苦笑)。



午前8:30。東北道大谷PA。
霧よりは若干大きい雨粒が絶え間なく降り注ぐ、あいにくの空模様だった。

なんとyokoGさん、鈴木猛単亜進では雨男と呼ばれているそうだ。
それに加え、trx850.jpの最強雨男Iidaさんまでいるのだから、この空模様はなるべくしてなったと言える(笑)。
とにもかくにも、これから仙台まで雨天走行を強いられるのかと思うと、気分はこの上なくブルーに。

kuroki以上にブルーだったのは、ma-saさんだった。
ma-sa号には、AMS-FUJIIでセッティングしたFCRが装着されているのだが、今日になって全くフケなくなってしまった。
アクセル全開でも100km/hがやっとという状況では、せっかくの走行会が台無しだ(SUGOでは最高速200km/hを遙かに超える)。


yokoGさんが、キャブをバラしてクリップの段数を変更した。
これでしばらく様子を見てみるしかない。


出発進行。

噂には聞いていたが、鈴木猛単亜進の皆さんは、手をつけられないぐらいに飛ばす。
高速だけでなく下道に降りても、まーとにかく、飛ばす飛ばす。

このペースは、尋常ではない。
ヘタれなkurokiは、早々に追いかけるのを放棄してしまった。

しかし、ルートの伝達が非常におおざっぱな割に、極めて上手く機能していることには感心した。

曲がり角などのポイントで、先頭グループの誰か一人が必ず待ち、後続の道案内をする。
最後尾になった人は、また尋常ではないペースで追い抜いていくのだが。
脱落者を出さずに、集団を目的地に運ぶシステムは、なかなか良くできている。

trx850.jpのツーリングは、回数を重ねるたびにスケジュールやルートが緻密になる傾向にあったが、それとは全く逆だ。
こんなに大雑把にやってもいいんだと、ある種のカルチャーショックを受けた。

trx850.jpでも、こういう方法をもっと取り入れて、幹事の負担を減らす方向に持って行きたいなあ。
開催するのが負担になっちゃ元も子もないんで。


宇都宮ICで下道へ降り、日光→会津若松→喜多方というルートを採った。


会津若松に入ると、雨雲を抜けて晴天になった。


国道118号、国道121号と走って喜多方に入る。
国道沿いにある「みのや」にてランチとなった。


お待ちかねの喜多方ラーメン。だが、あまり感動はない。
先々月の裏磐梯オフで食べた「まこと食堂」が良すぎたのだ。
もっとも、この人数で入れるだけ、ありがたいのだ。

喜多方ラーメンの後は、また峠道。
仙台方面へ北上すると、福島と山形の県境の米沢近辺で、また大雨に見舞われる。

さっき脱いだ雨具を、慌てて着込む。
あー、こんなことならワンボックスカー借りて、高速を淡々と移動した方が良かったなあ、とボロッと弱音を吐いてしまう。

米沢から東へ、国道113号(七ヶ宿街道)に入る。
雨も上がり、路面もドライになってきた。
雨具を履いているためシートが滑りやすいが、その分荷重のかけ方の良いトレーニングになる。
どの位置に座ればタイヤに荷重がかかるのか、とてもわかりやすい。

結果的に、翌日の走行会に向けての良い足慣らしになったかも。


午後5時。スポーツランドSUGOに到着。
くぬぎ山荘にチェックインし、露天風呂につかって今日の汗を流す。
雨天走行でグショグショになった身体を洗い流せるのは、ホントにホントに気持ちいい。

夜は宴会を楽しみ、部屋に戻ってからはyokoGさんらと談笑。


明日の走行会を楽しみに、早々に就寝した。

この投稿へのコメント

コメントはありません。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策)