房総珈琲オフ

2月初旬。
Iidaさんより、新春ツーリングの提案があった。
房総は館山まで走って、新鮮な海の幸と珈琲に舌鼓を打たないか、と。

で、紹介されたのが、ここ。

さすがにtrx850.jpの食いしんぼ番長(新呼称)。
「食い」に対するアンテナが違う。

イベント掲示板で参加者を募集したところ、冬はツーリングに飢えている方が多いのか、食いつきは上々で。
最終的に、以下の方々が参加することになった(五十音順、敬称略)。

  • あんどー
  • ishijima
  • おおつか
  • gooch
  • サイトウ
  • 鈴木
  • charao
  • naka
  • hirokubo
  • みつおき
  • yasuo@TDM850
  • ゆういち
  • yokoG
  • kuroki

残念なことに、言い出しっぺのIidaさんは、仕事で不参加になってしまった。
合掌(ちーん)。


今回のツーリングの行程は、房総の道に詳しいおおつかさんが提案してくださったルート案を、ほぼそのまま採用している。
加えて、一般道での先導役もしていただいた(気を遣うんだよね、先導って)。

この場を借りて、おおつかさんに感謝!感謝!

ルート デキゴト
館山道 市原SA 千葉組集合地点。
↓館山道
館山道 姉崎袖ヶ浦IC
↓房総の峠道 nakaさんトラブル。
道の駅きょなん 神奈川組と合流。本集合場所。
↓県道89号
↓国道410号
千倉 市場食堂 亀屋でランチ。
↓県道86号
館山 珈琲館サルビアで珈琲タイム。
↓国道459号
↓県道86号 神奈川組とお別れ。
↓県道34号
↓国道410号
館山道 姉崎袖ヶ浦IC
↓館山道
館山道 市原SA 解散。

午前7:00過ぎ。
京葉道路鬼高PAを出発したkuroki達5名は、いつものように混雑した京葉道路を、南へ南へとひた走る。

雨だと告げられていた週間天気予報は覆り、素晴らしい好天に恵まれた。
穏やかな気温。カラッとした陽気。まさに絶好のツーリング日和だ。


午前8:00。
定刻通り、千葉組の待ち合わせ場所、館山道市原SAに滑り込んだ。
ここでは、以下の8名が集合する(五十音順、敬称略)。

  • あんどー
  • ishijima
  • おおつか
  • gooch
  • charao
  • naka
  • yokoG
  • kuroki

全員集まったところで、神奈川組の待つ、道の駅きょなんへ向かう。
高速道路を移動するだけじゃ味気ないので、おおつかさんに先導して頂き、房総の山道を抜けていくことに。
幹事のkurokiは、最後尾に付いて、皆さんのフォーロー役を担う。

市街地を抜けると、細かいコーナーが連続する道に入る。
峠と言うほど迫力はないが、それなりに走り応えのあるコーナーが続く。

やがて、交通量の少ないガラガラの道に入った。
全体のペースが上がっていったその直後、トラブルは起きた。
kurokiの2台前を走るnakaさんが、コーナーを曲がりきれず、道路脇の側溝に落ちてしまったのだ。

ほんの一瞬のデキゴトだった。

急いで、先を行ったメンバーを呼び戻す。
側溝にハマったnaka号を引っ張り上げて、車体の損傷を確認すると‥‥。


フロントホイールが変形したことによる、フロントタイヤのパンク。


クランクケース下部が割れたことによる、エンジンオイルの漏れ。

自走不可能なのは、誰に目にも明らかだった。
nakaさんの怪我が打ち身程度で済んだのが、不幸中の幸いではある。


ベテランライダーが揃ったツーリングは頼もしい、とつくづく思った。
突然のトラブルに対して、各自の判断で自主的に、テキパキと対処を進めていく。
幹事のkurokiがやることがないほどに(汗)。

動けなくなったnaka号のピックアップは、神奈川組の待つ道の駅へ行ってから、手配することになった。
nakaさんはgooch号のタンデムシートに座って移動。


11:00頃、定刻より1時間ほど遅れて、神奈川組と合流した。


レッツ!盆栽品評会(笑)。


お約束の記念撮影を。ばしゃっと。

そうこうしているうちに、館山にあるバイク屋さんに、連絡が取れた。
naka号のピックアップは、このバイク屋さんにお願いすることになった。

1時間ほど経っただろうか。
やって来たバイク屋さんの軽トラに乗って、nakaさんは去っていった。


トラブルが収束したので、早速ツーリングを再開する。

次の目的地は、千倉にある市場食堂 亀屋。
お楽しみの昼飯が、我々を待っている。

混雑した海沿いの道は避けて、房総山中の峠道を抜けるルートで、千倉の海岸へアプローチする。

この峠道も、迫力に欠けるが、細かいコーナーが連続するので、なかなかに忙しい。
しかし、交通量が少ないので気分良く走れた‥‥と言いたいところだが、kurokiは違った。

どうにも上手くリズムに乗れない。
去年掴みかけた感覚を思い出そうと、あれこれ試行錯誤してみるのだが、てんでダメ。まるでダメ。
オノレのヘタレな走りっぷりに凹んだまま、とうとう目的地に到着してしまう。


市場食堂 亀屋


太平洋が目の前に広がるのだ。


とにもかくにも、飯だ、飯。



むさ苦しいバイク乗り13人で、亀屋の離れを占拠する。
別の見方をすれば、隔離されたと言えなくもないが、それはまぁさておき。


むさ苦しい人々を撮影するゆういちさんを撮影(笑)。


お待ちかねの、海の幸である。刺身定食である。
新鮮な海の幸を、炊きたてのホカホカご飯と共に、頬張るのである。

んめ~っ!

海の幸も旨いのだが、それ以上にご飯が旨い。
炊きたてご飯を食べるだけで「日本に生まれて良かった」と思えるシアワセなkurokiにとって、このご飯には、魂ゆさぶられまくり。
しかも、お代わり自由ときた。

んも~、たまらん。


食いしんぼ番長オススメの「さんが定食」は、みつおきさんが食す。


みつおきさん、満面の笑顔。


精算を済ませて。


千倉の海岸でまったりするむさ苦しいTRX乗りども。


青い海。美しい。


食後のお楽しみは、珈琲だ。

千倉から館山まで移動すること、約30分。


到着した珈琲館サルビアは、地元の人にも人気のお店。
漢字の当て字が、珍走テイストなのは気にしちゃいけない。夜露死苦ね。

満席に近い状態だったが、タイミング良く滑り込むことができた。
そして、kuroki達のテーブルでは「やっぱりデザート、食べたいよね?」と言う流れになった。


サイトウさんは、大人の味、レアチーズケーキを。


みつおきさんは、定番の味、イチゴショートケーキを。


そしてkurokiは、プリンを。

プリンですよ、プ・リ・ン。
皆にオコチャマと笑われようと、kurokiはプリンが、正確にはカスタードが大好きなのさっ。

んめ~っ!


帰路もまた、おおつかさんの先導で、房総の峠道を走る。
交通量が少ないので、気持ち良いペースで走れる。

先頭グループは遙か彼方に消えてしまったので、最後尾を務めるkurokiは、復習の走りに専念する。
しかし、膝に対してねじれた力が入ってしまっているようで、特に左膝が、脱臼しそうな感覚を覚える。

うむむ。

ここでは無理は避けて、大人しく帰ろう。
後日、サーキットなどのクローズな世界で、ライディングフォームをみっちり調整しよう。
そう思うkurokiだった。


千葉組と神奈川組との分岐点に差しかかかったところで、一旦ブレイク。
道端にバイクを停めて休憩する方もいれば、今来た峠道を再び攻めに行った血気盛んな方々もいる。


血気盛んな先頭は、yokoGさん。最年長なのにスゴイ!


yokoGさんを追走するyasuoさん。


少し遅れて、みつおきさんもスタート。

kurokiは、yasuoさんのTDM850に試乗させていただいた。


実は、TDMに乗るのは初体験だったりする。
欧州では、ワインディング・キングの誉れ高きTDM。果たしてどのような乗り味だろうか?

大きめの車体に跨ると、見通しの良い視界に、新鮮な驚きを覚える。
ブラインドコーナーが続く峠道では、この良好な視界は、大きな武器になる。

クラッチを繋いで走り出す。
上り勾配の直線を加速すると、TDMR40φキャブが、凄まじい吸気音を奏でる。
暴力的な力で蹴飛ばされるようにスピードが乗り、コーナーがみるみるうちに迫ってくる。

ブレーキングから、旋回姿勢に入ると、頭の中が疑問符で一杯になった。

なんだこれ?
どうやってターンするん?

最初の数コーナーは戸惑ったが、やがて理解した。
TDMはXJRではない。TRXの姉妹車だってコトを。

積極的にバイクにアクションを起こさないと制御しにくい性格は、TDMでも同じ。
また、タイヤの径が大きいので、より大きいモーションが必要になるようだ。

楽なのに、シビア。
上半身は暖かくて快適な空気の中なのに、下半身は冷たくてキビシイ空気の中にいるかのような、奇妙なごちゃまぜ感。

TDM850は、やはり、マニアックなバイクだった。
しかしながら、慣れたらハマっちゃいそうな予感がする。




東京湾フェリーで帰還する神奈川組に別れを告げる。

千葉組は館山道姉崎袖ヶ浦ICを目指す。


途中、満開の桜が見頃だった、清和県民の森で休憩を取る。


kuroki号とyokoG号。
実はyokoG号、今回からNew Colorなのだ。


桜とkuroki号。夕陽と桜のお陰で、普段より二割増しで美しい(笑)。


このツーリングは、trx850.jpの提供で、お送り致しました。
んがくっく(汗)。


赤いTRXばかり集めてみたの巻。


桜をバックに煽りの一枚。


はっはっはー。と談笑する千葉組。

清和県民の森を後にして館山道へ。
サイトウさんがアクアライン経由で帰還。
市原SAで軽食を取った後、千葉組は解散した。

一方の神奈川組の乗ったフェリーは、久里浜港に接岸した。
そこには、なんと、Iidaさんが待ちかまえていたのだった(笑)。

この投稿へのコメント

コメントはありません。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策)