HMSで揉まれてみる #2

11月だというのに、季節外れのぽかぽか陽気だったこの日。
kurokiは、栃木のツインリンクもてぎにいた。
またしても、Hondaモーターサイクリストスクール(HMS)の「ベーシック1day(中級1日コース)」に参加するのだ。

前回Y’s FACTORYの呼びかけで参加したHMSだったが、予想以上の収穫に大満足。
また今度も参加しようと思ったワケ。

「HMSに行きます」

trx850.jpの掲示板で呼びかけたところ、takigさんが参加を表明。


常磐道友部SAでtakigさんと待ち合わせをして、ツインリンクもてぎに到着したのが、9:30頃のこと。

それから30分。

もう10時になると言うのに、未だにY’s FACTORYご一行様の姿が見えない。
何か事故でもあったのかと心配したが、10:15になって、ようやく到着した。

遅れた原因は、「細かな遅れがいろいろと積み重なって‥‥」とのこと。
ああなるほど、と思わず納得してしまった。
引率って、大変だからね~(しみじみ)。



良く晴れた、爽やかな秋空が広がる。


そんなこんなで、HMSが始まった。
倉庫から、今日の相棒となるバイクを引っ張り出す。

  • CB400 SuperFour
  • CB750
  • CB1300
  • HORNET 250
  • HORNET 600
  • HORNET 900


これらの車種の中からkurokiが選んだのは、例によってCB750だった。
HORNET 600に激しく惹かれたが、後でTRXに乗ることを考えて、車重が近くて癖のないCB750を選んだワケ。
色気も無いけど、癖もなくて、扱いやすい。「ナナハンのカブ」と言うべきバイクなのだ。

空気圧をチェックし、軽く体操をして、早速練習に入る。
開始時間が遅れてしまったので、「巻き」で進行するのだ。

なお、午前中はブレーキングの練習をみっちりと。
午後からは、スラローム走行の練習をみっちりと行う予定になっている。



ブレーキングの練習は、教習所でやった急制動だ。
「な~んだ、アレか」と馬鹿にするなかれ。
なかなかどうして、奥が深くて難しいのだ。

フロントブレーキは、2段階でかける。
最初は軽くレバーを引き、フロントタイヤに荷重を移す(この作業が極めて重要)。
そして、ぎゅーっとレバーを握り、一気に減速を行う。

頭ではわかっているつもりでも、身体が反応してくれないのがもどかしい。
インストラクターに見てもらいながら、繰り返し練習する。

こういう練習ではイメージ通りの減速が出来ても、峠やサーキットなどでコンスタントにイメージ通りに減速するのは、なかなか難しい仕事だ。


急制動の順番を待つtakigさん。


午後からは、スラローム走行の練習に入る。
その前に、2人1組になって、八の字走行をすることになった。

久しぶりにやる八の字は、ギクシャクして、身体が思うように動いてくれない。
昔はあれだけすいすいやれたのになぁ‥‥と、もどかしさがこみ上げてくる。

インストラクターから、上体が内側に向いていないことを指摘される。
身体をぐいっと内側に捻って走ってみるのだが、何かが違う。
上手く乗れない、この妙な違和感は、一体ナニ?



ランチは仕出し弁当。
ボリューム満点で味もなかなかよろしくて、満足満足。


そしてランチの後は、お待ちかねのパイロンスラロームだ。

「パイロンの真横でブレーキングをして、くるりと回れるようになる」
前回のHMSで受けたアドバイスを実践すべく、いろいろと試行錯誤を繰り返してみる。
が、今ひとつ「こうだ!」という状態にならない。

インストラクターによる追尾走行の後、次のような指摘を受けた。

動作が性急すぎ。そのうち転びますよ。もっとスムーズにターンすることを心がけましょう。
また、内膝が開いています。シッカリとニーグリップして、バイクを安定させてください。
速く走ろうと思わず、上手く走ること を心がけてください。

そうだよね。
別に競争しに来ているワケじゃないんだし。

こう言われたことで、気持ちがずいぶん楽になった。


今度は、スムーズに走ることを念頭に置いて、再トライ。

いつもやってるリーンインは、とりあえず今回は封印。
言われた通り、リーンウィズで走ることにする。

すると‥‥気持ちいいぐらいに、スムーズにコーナリングが決まる。
タイヤへの荷重がシッカリかかっていることが、腰から伝わってくる。

インストラクターからも、「見違えるようにスムーズになった」と褒められたりして(笑)。
リーンウィズ、侮り難し。

走り込んでいるうちに、ハンドルを力で押さえ込んでいたことに気がついた。
ブレーキングの時に、腕にぐっと力が入っているみたいだ。

腕から力をだらんと抜き、アクセル・オンでバイクを曲げるようすると、あら不思議。
面白いほどくるくると曲がってくれる。

コーナーのイン側の肘を、くいっと脇腹に寄せるように引くと、身体が自然に内側に向く。
後はシートに体重を預け、リアブレーキで車速を調整しながら、アクセルで曲げれば良い。

はっはっは。
めっちゃ楽しいぞ、コレは!



最後にタイムも計測した。

1周を60秒で走ることが、大体の目安らしい。
このタイムに到達できれば、バイクを操る基本的な技術をマスターしたと言えるそうだ。

そして、kurokiのタイムは‥‥60.03秒だった。
タイトターンでは失速しすぎたし、腕に力が入ってしまった割には、結構良いタイムが出た。
むしろ、精進次第で速くスムーズに走れる確信みたいなモノが得られたコトが、嬉しかった。

なお、インストラクターレベルだと遅くても55秒。調子が良ければ、45~50秒で走るそうだ。
まだまだ道は険しい。



帰り道、takigさんと共に御前山温泉四季彩館に立ち寄った。
露天風呂に浸かって今日一日の汗を流しながら、HMSの反省会を行う。

takigさん自身も、HMSにはかなりハマッた様子。
TRXでの練習ではなくても、得られるモノはかなりあったとのこと。
講習料金を払っただけの価値はありますよ>みなさま

この投稿へのコメント

コメントはありません。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策)