[つぶやき] TWってば

白状します。


実はkuroki、YAMAHA TWが好きなのだ。

さらにスカチューンも好きだったりして。
さらにさらに、ダートトラッカーも好きなのだ。

多くの正当派ライダーから、邪道だと言われるTWだけども。
ブームが過ぎ去ったら、乗ってみたいと思っていたりして。

あ~、言っちまった(汗)。


軽快で扱いやすい車体。
スピードが出ない分、低速でも楽しめること。
取り回しが良いので、ちょっとした路地にでもひょいっと入れること。

ブロンコで味わった、気軽に気負わずに乗れる楽しさが、TWにもありそう。
だからkurokiは、TWが好き。。



スカチューンだって、悪くない。

そりゃあ、気にくわない点は沢山ある。
クソうるせぇスパトラマフラーや、プロテクションの意味がないお椀メットの乗り手などは「アホか」と思うし。

でもね。

スカチューンは、スカスカなとこが妙にイイ。
ライトウェイトなバイクを好むkurokiのツボに、スポッとはまる。

それに、スカチューンは何にも似ていない。
例えば、イギリスの古いバイクとか、アメリカのハンドル長いバイクとか、イタリアの赤いバイクとか。
オリジナルが何?ということを、思い起こさせるようなことがない。

ある意味、ガン黒コギャルに共通する部分があるかもね(笑)。


スカチューンTW愛好家の通称「ティーダバー」は、バイクも頭もスカスカだって揶揄されることがあるみたい。
マシンの構造も知らずに乗っている連中は多いようだし。オイル交換すらしたことないヤツもいるみたい。

だけど、バイクの楽しさを身体で感じているように思える。
バイクに乗るからには!と構えずに、バイクを気軽に楽しんでいるようにも見える。

恐らくストリートファッションの1アイテムとして、TWってバイクがあるんじゃないかな。
スポーツバイクのように、バイクに合わせてファッションが決まるんじゃくて。
あくまでも、バイクが主ではなく、ライダーが主であるように。

それが結構、羨ましい。
TRXに欠けているトコロを補完するセカンドマシンとして、結構欲しいkurokiなのだった。