サス&ポジション調整

開店直後のY’s FACTORYにkuroki号を持ち込んだ。
先日の来店時に指摘された、サスペンションをリセッティングするためだ。

「天気もイイし、作業時間も相当かかるから、ツーリングにでも行って来たら?」
よねさんの有り難い誘いを受け、ラベルダでサクっと走りに行くことにした。


とりあえず借り物のバイクだから、自分の知ってる道を走ろう。
と言うわけで、先日と同じルートで、筑波山に行くことにした。

正味3時間ぐらいのショートツーリングだったけど、とっても楽しかった。
でも、とってもとっても疲れたけど。

日本車にはない、癖になりそうな乗り味がラベルダにはあった。
いいのか?TRXをいじくってる間にこんなバイクに乗ってて。
乗り換えたくなるじゃないか(笑)。


今回のカスタムの目的は、サスペンションの再調整と、ライディングポジションの調整になる。

  • フロントサス
    • OHLINSスプリングから、純正スプリングに戻す。
    • ただ、ノーマルサス特有の底付き感を解消するため、粘度を15に上げる(メーカ指定値は10)。
  • タイヤ
    • BRIDGESTONE BT-56 Race。
    • サイズはノーマル (F:120/60ZR17 R:160/60ZR17)に戻す。
    • 純正タイヤに近い、ネチネチと滑りながらグリップする性格らしい。
    • 安定志向のガッチリグリップだったDUNLOP D207から戻すことで、グリップ感も元に戻す。
  • ハンドル
    • Two Brothers Racing V.3レーシングハンドル。
    • 垂れ角と絞り角を無段階に調整可能な優れモノ。
    • TRXのハンドルは中途半端なので、コンパクトなポジションになるようにした。
  • ステップ
    • ISAバックステップ。
    • よねさんのTRXにISAが装着されており、またがってみると結構イイ感触だったので、ISAを選択した。
    • バック40mm・アップ60mmと、かなり移動距離が大きいけど。
    • ホントはTRCのが欲しかったけど、既に廃盤になっていたため断念。

全部の取り付けが終了した頃には、とっぷり日が暮れていた。
これらのパーツの評価は、また後日!