筑波山短距離ツーリング

仕事がようやく一段落した。
天気予報は、明日も晴天が続くと告げている。
てなワケで、例によって会社をおサボり。平日ツーリングに繰り出した。


当日は、予報通りのぽかぽか陽気。
「ふにゃ~」と目尻を下げつつ、とりあえず筑波山へ向かう。

いつも走るスポットに到着すると、常連たちが練習中。
ちょっと混ぜてもらって数往復したのだが、如何せんペースが違いすぎる。
邪魔になるので、早々に立ち去るコトにした。

峠を降りる途中、「やさと温泉 ゆりの郷」という温泉施設を偶然発見。
できて間もないだけあって、とてもキレイで清潔感満点だ。

もはや戦意を喪失していたkurokiは、温泉に浸かってぐうたらするコトに決め込んだ。
露天風呂につかり、ぼんやりと空を見上げる。
柔らかな青空の中を、白い雲がゆっくり流れている。
仕事のコトを忘れ、ただただぼけ~っと眺める。

ああ。
これでビールが飲めれば最高なのに。

筑波山は、ステキだね。
サクッと来れて、温泉浸かって、さっさと帰れるんだから。
クセになりそう♪


一足早めに帰路に就いたので、久しぶりに取手のY’s FACTORYに寄ってみた。
店長のよねさんと、ひとしきりクダらんハナシを楽しんだ後、一夏を越えたTRXのオイル交換をしてもらった。

ついでに、前々から気になっていたサスを見てもらう。
低速コーナーの処理が上手くいかないので、困っていたんで。

フロントサスのストロークを調べる、よねさん。
んん?なんだコレ?と不審な表情を浮かべる。

「おかしいよ、コレ。サスがいきなり、ばいーんと戻ってきちゃう。」

いろいろ調べた結果、どうやらOHLINSのスプリングのせいらしい。

スプリングは、荷重をかけた直後はすっと縮み、ある程度縮んだ状態でぐぐっと踏ん張るワケだけど、OHLINSのスプリングはいきなり踏ん張ってしまう模様(サーキットでの高荷重走行を前提としているため)。
しかしリアサスは、そういうハードな動きをせず、柔らかくしなやかに動いている。
要するに、前後バランスが崩れている状態らしい。

本来なら、リアもフロントに合わせて、ガチガチの高荷重セッティングにするべきだった。
しかし、そのセッティングでは、kurokiごときの腕では上手く走らせることが出来ないだろう。

よねさんの勧めで、フロントサスをノーマルセッティングに戻して、もう一度最初から見直すコトにした。
セッティングのドツボにハマった時は、一旦ご破算にしてやり直した方が、結局近道になるからと言われて。

‥‥むぅ。