奥会津・檜枝岐ツーリング

ヨシムラマフラーを装着してからというもの、喜んで走り回っていたかと思えば、さにあらず。
暑いのが大嫌いなkurokiは、クソ暑い中、バイクに乗りたくなかったのじゃ。

わはははは。

軟弱だって?ほっといてくれ(笑)。

しかも9月には、左足親指に巻き爪発生というアクシデントが。
あまりの激痛に、歩くことすら困難。
靴も履けないので、当然バイクにも乗れず(シフトアップが出来ない)。

ダメ押しするかの如く、仕事が押せ押せ。
歩行には若干支障が出るけど、仕事する分には差し支えない。
まるで神様がkurokiに仕事しろと言っているのかと思ったよ。

てなワケで、シドニーオリンピックの間は、ほとんど会社に出ずっぱり。
サッカーの日本V.S.アメリカ戦も、会社で見てたのだった。


時を前後して、YSP関係の友人Y氏が、XJR1300からTRX850に乗り換えた。
優等生マシンとの関係が倦怠期になっていた隙を、YSPの店長に突かれたらしい。
グラグラと揺れている心を、kurokiがダメ押しのメール攻撃。
首尾良くマイナーバイクワールドに転がり込んで来てくれたってワケ。

ほっほっほ。してやったり(笑)。
また物好き仲間が増えたのだ。ようこそTRX Worldへ!



前置きが長くなったが、TRX Worldへ来られたY氏と、奥会津・檜枝岐へツーリングへ行って来た。

前日までは雨だったが、さすがは晴れの特異日、10月10日。
高速のインターを降り、峠にさしかかる頃には、見事な晴天が広がっていたのだ。

Y氏の先導として、kurokiが走る。
まだTRXに乗り慣れないY氏を引っ張るように、比較的ゆっくりとしたペースで走る。

途中、思うようにペースを上げられないと悩むY氏にアドバイスをする。
といっても、以前Y’s FACTORYのよねさんに教わったリーンインを、そのまま伝えただけだけなんだどね。

しかし、kurokiが驚いたように、Y氏も驚いた。
え、こんなに腰を落とすの??? こんなに身体を横に向けるの??? って。

その後、明らかにY氏の走りが変わった。
後ろから見ていると、新フォームと格闘している姿が見て取れるのだが、でも以前の何となく曲がっている感じから、明確にターンしている感じに変化している。
実際Y氏も、荷重のかけ方が見えてきた気がした。ライディングが楽しくなった。そうおっしゃる。

フォームの改善って、効くよなぁ。
ライダー自身が重要なセッティングパーツであるコトを、再認識した一日だった。