悪夢の一日

またしても行ってみました、平日ツーリング。
今度は磐梯山の北側、喜多方あたりでラーメンでも食べてみようか。

東北自動車道を、淡々と北上し、白河ICで降りる。
とりあえず、XJR400のお別れツーリングをした、羽鳥湖近辺でも走ってみよう。

天気は快晴‥‥のはずだが、目指す山の方はどんよりと曇ってきた。
なんか、イヤ~な予感が。


ほどなく、お待ちかねの峠セクションに突入。
体をほぐしながら、ワインディングを1つ1つクリアする。
さて、そろそろペースを上げてみようと思った途端、ガク、ガク、ガクっ!
突然kuroki号がガス欠症状に陥り、止まってしまったのだ。

え、ウソ?
ガソリンは、さっき白河ICを降りたところで満タンにしたぞ?
ひょっとして、キャブにゴミでも詰まったか?

とりあえずマシンを降り、状況を確認する。
エンジンはかかる。
アイドリングもする。
だが、クラッチをつないで進もうとすると、エンストしてしまう。
いったい何故だ?

自分ではどうしようもなくなったので、YSP松戸東に電話を入れる。
今村店長の指示の元、あれこれ試してみる。

アイドリングをするってことは、キャブには異常がありません。
でなると、燃料を送るところが怪しい。
ガソリンコックをリザーブにして走ってみてください。

そろそろとクラッチをつなぐと‥‥ビンゴ!
店長の推理は見事に当たり、kuroki号は何事もなく走り出した。

ふう、やれやれ。
携帯電話がなかったら、一体どうなっていたことやら‥‥。
こんな山道を歩いて下山するなんて、泣きが入るなんてもんじゃないぞ、こりゃ。


とりあえず、当初の目的通り、喜多方へ向かうことにする。

車と一緒に国道を流れていると、右足になんか当たったような気がした。
ん?
ま、気のせいか。

会津若松市内に入り喜多方への地図を確認。
ちょっと一息入れて、缶コーヒーでも飲みましょうかね、とポケットを探ると、

‥‥財布が‥‥無い‥‥。

血の気が、サーッと引く。
口の中が一瞬でカラカラになる。

俺は、なんて馬鹿なことをヤっちまったんだ~!

悔やんだトコロで仕方ない。
とりあえず、今来た道を注意深く戻ってみることにした。
黒い財布はどこだどこだ?
道路脇を、皿の目を見るように、探しながら走る。

ああ、こんなことなら蛍光色の財布にしておけば良かった。
なんてつまらない後悔をしてみたり。

日光街道R118を三往復したが、結局見つからずじまい。
ガスも心許なくなってきたので、諦めて会津若松警察に向かうことにした。

む、無念‥‥。

会津若松警察で紛失届を出し、会計課の方にお金を借りて、家路につくことになった。
電話で嫁に連絡し、カード類その他を止めてもらった。

しばらくは、ツーリングなんて禁止だね、こりゃ。
トホホと涙しながら、しょぼくれつつ帰路につくkurokiなのだった。