初めての転倒

加波山頂上にて休憩中。

先日の峠走りに味を占めたkurokiは、今度はバイク仲間(ZX-9R、TRX850)を誘って走りに行くことにした。
今度も、目的地は加波山。

集合予定時刻に某内氏の「ゴメン、今起きた」という粗相(笑)を除けば、順調にツーリングは進んだ。
天候も安定しており、時折雲が出るものの、まずまずのツーリング日和だ。


加波山の峠道に入った我々は、kurokiを先頭に、緩やかなペースで峠走りを楽しむ。
すいっ、すいっ、と泳ぐようにブラインドコーナーをクリアしていく。
おお、今日もいい感じだ、と思ったその瞬間、目の前に大きなくぼみが!

い、いかん。よけられない。

懸命にブレーキングを敢行。
しかし、無情にも減速は間に合わず。
kurokiのTRXは、くぼみにドスンとはまる。

かろうじて転倒せずにしのいだら、目の前には岩肌が!
一難去って、また一難!

うわわわわ、マジで間に合わん!

何とか回避しようとマシンを旋回させたが、足下の土砂にタイヤをすくわれ、あえなくズテン。
TRXに乗り始めて、初めての転倒だった。


とりあえず、友人たちの手を借り、バイクを引き起こす。
意外なほどに傷は浅い。

速度が低速だったこと。
そして倒れた先が草むらだったため、クッション効果があったこと。

この二つが幸いして、我がTRXは、意外なほどに軽傷だった。

ダメージを確認すると、

  • 左リアカウルに、ぱっくりと縦の亀裂が入った
  • フロントカウルの数カ所に、うっすらとヒビが
  • 左のサイレンサーに若干の傷

こんなモンだった。
ホント、不幸中の幸いだった。
何とかリアカウルの交換だけで済みそうだな。

ちなみにkurokiは、全くの無傷。転んだのは、TRXだけだった。
これも不幸中の幸い。
スピードが出ていたら、kurokiだって壁に激突か、はたまた崖から転落してたかもしれないから。

‥‥気を付けよう。
所帯持ちのバイク乗りは、何かあったらバイク取り上げられちゃうかもしれないからね(涙)。