復讐、もとい復習の日

本日月曜日は、日曜日と休日(勤労感謝の日)の谷間。
つまり、有休を取れば4連休なのである。

こういうオイシイ日は、休むのが当然だと思っている、サボリーマンのkuroki。
仕事が忙しくなけりゃ、という但し書きを付けるところは、まだまだ堅気と言えるが。

嫁は有給が残り少ないため、しぶしぶ出社。
不良夫は、いそいそと峠に向かう。

空は高く、空気は澄み、ホント絶好のツーリング日和。
こんなチャンス、みすみす見逃すわけにはいきませんがな。


今回は、近場の峠道を走ろうと思い、筑波山から笠間に続くタイトな峠道、加波山に向かった。
先日の走行会で、キッカケを掴みかけた、リーンインの復習をするために。

片道10kmほどの、つづら折れの峠道を、フォームを確かめながら走る。
道は狭く、コーナーはブラインド続きなので、あまり飛ばすことはできない。
しかし、ゆっくりな速度が幸いして、恐怖心を感じずにフォームを確認することができた。

数回往復すると、もう背中や太股の筋肉がパンパン。
まだまだ無駄な力が入っているコトと、今までいかにこの辺の筋肉を使ってこなかったかを「痛感」した次第。